Place de la Bourse》フランス南西部、ジロンド県の都市ボルドーの、ガロンヌ川沿いにある広場。18世紀、ルイ15世の王付建築家アンジュ=ジャック=ガブリエルにより造営。ブルス宮殿、フェルム館をはじめ、広場に面する建物は新古典主義建築の代表例として知られる。2007年、この広場やカンコンス広場を含め、啓蒙時代の都市計画が良好に保存された歴史地区が「月の港ボルドー」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

[地理/外国地名/西ヨーロッパ]カテゴリの言葉