• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Mănăstirea Putna》ルーマニア北東部の村プトナにある修道院。15世紀、モルドバ公国のシュテファン大公により創設。中世モルドバ地方における最も重要な宗教施設の一つであり、火災により大半が破壊されたが後に再建。白い外壁をもち、内部は色鮮やかなフレスコ画が隙間なく描かれている。シュテファン大公とその一族の墓のほか、大公ゆかりのイコンなどを所蔵する付属博物館がある。