• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

カンボジア中央部にあるヒンズー教寺院の遺跡。首都プノンペンの南約50キロメートル、標高133メートルの小高い丘の上に位置する。11世紀前半、スールヤバルマン1世により建立。クリシュナビシュヌなど、ヒンズー教の神々の美しい浮き彫りが残っている。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉