• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

解剖標本を加工するために、ドイツのG=v=ハーゲンス博士が1977年に開発した技術。解剖標本の中から水分を取り除き、プラスチックの樹脂に置換して固める。スライスになった切片標本、または遺体そのままの形の実形標本ができる。従来の標本はアルコールづけであったが、空気中で保管でき扱いやすい。組織置換標本。