• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

サクラ属の植物に広く感染する植物ウイルス。1915年にブルガリアで発見され、ヨーロッパ・北米・南米およびアフリカ・アジアの一部で発生が確認されている。アブラムシの媒介や接ぎ木・苗によって感染する。種子や果実からは感染しない。ウメモモスモモネクタリンアンズなどの果樹が被害を受けやすく、葉や果実の表面に斑紋が現れたり、成熟前に落果したりするため、商品価値・生産性が損なわれる。日本では平成21年(2009)に初めて、東京都青梅市でウメに感染が発見された。PPV。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉