• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

カンボジア北部、アンコールにある仏教寺院の遺跡。アンコールトムの王宮の北に位置する。12世紀~13世紀頃の建立。十字型のテラス、塔門、祠堂で構成され、竜神ナーガの彫像を飾る欄干や武勇神インドラ、釈迦 (しゃか) の浮き彫りなどが残っている。1992年、アンコールの他の遺跡とともに世界遺産(文化遺産)に登録された。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉