Palazzo dei Priori》イタリア中部、ウンブリア州の都市ペルージアにあるゴシック様式の宮殿。13世紀末に政庁舎として建設が始まり、15世紀半ばまで増改築が繰り返された。中世イタリアにおける公共建築物の代表的な作例として知られる。現在は画家ペルジーノ、ピントゥリッキオ、ピエロ=デラ=フランチェスカをはじめとする、ウンブリア派絵画を所蔵するウンブリア国立美術館になっている。