• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

バルカン半島中央部、コソボ共和国の首都。住民の大半をアルバニア人が占める。1980年から1990年代のコソボ紛争で甚大な被害を受け、国連による暫定統治の後、2008年2月に同国の独立を機に首都となった。中央広場に中世アルバニアの民族的英雄、スカンデルベクの像がある。近郊のグラチャニツァ修道院が、2004年に「コソボの中世建造物群」の名で世界遺産(文化遺産)に登録されたが、2006年、同国の政情不安により危機遺産にも指定。人口17万(2008年推計)。

[地理/外国地名/東ヨーロッパ]カテゴリの言葉