• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Preah Vihear》カンボジア北端にあるクメール王朝時代の石造寺院の遺跡。タイとの国境にあるダンレック山地の北斜面に位置する。9世紀末、ヤショーバルマン1世によりヒンズー教寺院として建立され、のちに仏教寺院となった。タイ領ではプラサートプラウィハーンとよばれ、カオプラウィハーン国立公園に指定。2008年に世界遺産(文化遺産)に登録。

[補説]第二次大戦中からタイとカンボジアが同寺院を含む地域の領有権を争い、2008年と2011年に両国の間で遺跡の帰属をめぐって武力衝突が起こった。2013年、国際司法裁判所がカンボジア領と認定した。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉