• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ATPリン酸基たんぱく質水酸基に転位させる酵素の総称。チロシン残基に作用するもの(チロシンキナーゼ)とセリントレオニンの残基に作用するもの(セリン-トレオニンキナーゼ)がある。たんぱく質の特定の部分をリン酸化することによって、細胞内での情報伝達・代謝・細胞の増殖・形態変化などに重要な役割を果たしている。たんぱく質リン酸化酵素。たんぱく質キナーゼ。