• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

血漿中にある、血液凝固の第2因子。肝臓で生合成され、トロンボプラスチンカルシウムイオンの作用を受けて活性型のトロンビンとなる。トロンボーゲン。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉