Naos IfaistouΝαός Ηφαστου》ギリシャの首都アテネの古代アゴラにあるドリス式の神殿。紀元前5世紀に建造され、古代ギリシャの神殿の中で最も保存状態が良いものの一つとして知られる。ギリシャ神話の火と鍛冶の神ヘファイストス(イフェスティオ)を祭る。アテナイ王テセウスのレリーフが多数施されているため、中世以来テセウスの神殿(テセイオンまたはテッシオン)と呼ばれていた。また、7世紀から19世紀までギリシャ正教の教会として使われた。ヘパイストス神殿。イフェスティオ神殿。ヘファイステイオン。

[世界史/ヨーロッパ・南北米史]カテゴリの言葉