• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

パレスチナ地方の古都。エルサレムの南約30キロメートルに位置する。ユダヤ教キリスト教イスラム教の聖地であるマクペラの洞窟には、アブラハム一族の墓があるとされる。2017年、旧市街が世界遺産(文化遺産)と危機遺産に登録された。

[補説]イスラエル建国以来、ヨルダン領だったが、1967年の中東戦争後、イスラエルに併合。1997年のヘブロン合意によりパレスチナ自治政府の自治が一部認められたが、ユダヤ人とパレスチナ人の間で深刻な対立が続いている。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉