• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ウイルスの表面に存在する糖たんぱく質の一つ。赤血球を凝集させる作用を持つ。インフルエンザウイルスでは、宿主細胞の表面にあるシアル酸を含む糖鎖と結合し、ウイルスを細胞内に侵入させる役割を果たす。赤血球凝集素。HA(hemagglutinating)。

[補説]ヘマグルチニンによって宿主細胞に侵入し、増殖したインフルエンザウイルスは、ノイラミニダーゼという酵素によって宿主細胞から遊離し、他の細胞に感染を広げていく。