Schloß Herrenchiemsee》ドイツ南部、バイエルン州の町、プリーンにある城。景勝地として知られるキーム湖にあるヘレン島に、バイエルン王ルートウィヒ2世により1878年から1886年にかけて建造されたが、ルートウィヒ2世の死により、完成には至らなかった。ルートウィヒ2世がフランスのルイ14世に心酔していたため、ベルサイユ宮殿を模している。