• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《一にして全、の意》世界のすべてが神であるという汎神論の世界観を表す語。古代ギリシャの哲学者クセノファネスが最初に用いた。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉