イタリア北東部、ベネト州にある都市。ベネチアの北方約80キロメートル、ピアーベ川とアルド川の合流点に近い丘の上に位置する。中世に自治都市となり、15世紀初頭にベネチアの支配下に置かれた。古くから木材の生産・加工業が盛ん。ベッルーノ大聖堂、サンステファノ教会をはじめとするゴシック様式の歴史的建造物がある。

[地理/外国地名/南ヨーロッパ]カテゴリの言葉