• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《原題、(ドイツ)Der Tod in Venedigトマス=マンの短編小説。1912年発表。初老の作家が旅先のベニスで出会った美少年に心を奪われ、滞在を引き延ばすうちに客死するまでを描く。自身のイタリア旅行の体験をもとに書かれた。1971年、ビスコンティ監督により映画化。

[文学/外国の作品]カテゴリの言葉