• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

抗癌剤 (こうがんざい) の一。血管新生阻害剤と呼ばれる分子標的治療薬の一種で、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)の働きを抑制し、癌細胞 (がんさいぼう) に栄養を供給する血管の形成を阻害することにより、腫瘍 (しゅよう) の増殖・転移を抑える。2004年、スイスの製薬会社ロシュと米国の製薬会社ジェネンテックが発売。日本では平成19年(2007)、ロシュグループの中外製薬が製造・販売を開始。加齢黄斑変性や網膜症などの血管新生疾患治療への応用も期待される。