• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Bellingshausen Sea》南極、南極半島西部の縁海。アレキサンダー島サーストン島の間を指す。名称は、ロシアの南極探検隊の隊長ベリングスガウゼンにちなむ。エルズワースランドに面し、ピョートル1世島が浮かぶ。1995年、海底堆積物の調査から、新生代第三紀鮮新世(約215万年前)に直径1~4キロメートル程度の小惑星が落下したと考えられている。

[地理/外国地名/オセアニア・両極]カテゴリの言葉