• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
《原題、Belshazzar's Feast》ウォルトンのオラトリオ。1931年初演。旧約聖書「ダニエル書」に登場するバビロニア王ベルシャザールの異教崇拝の饗宴を題材とする。ウォルトンの代表作の一。
《原題、(オランダ)Het feestmaal van Belsazarレンブラントの絵画。カンバスに油彩。バビロニア王ベルシャザールが催す饗宴の最中、突然、光とともに人の手が現れ、王の世が長くないことを壁に書き記した場面を描く。ロンドン、ナショナルギャラリー所蔵。