• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

インド南部、カルナータカ州の町。12世紀前半から14世紀前半にかけて同州南部を支配した、ホイサラ朝の都が一時置かれた。12世紀前半、ホイサラ朝の創始者ビッティガ(ビシュヌバルダーナ)王が戦勝記念に建てたチェナケーシャバ寺院は、星型の基壇をもつホイサラ様式のヒンズー教寺院の傑作として知られる。

[地理/外国地名/東南・南アジア]カテゴリの言葉