• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ヨルダン南西部にある古代の隊商都市の遺跡。遊牧民のナバテア人によって建設され、紀元前1世紀から紀元後1世紀にかけて栄えた。2世紀初頭に古代ローマ帝国に併合され、衰退。周囲を砂岩の岩山に囲まれた天然の要害をなし、岩盤を掘り込んで築いた霊廟 (れいびょう) 、王家の墓、神殿などが残っている。1985年に世界遺産(文化遺産)に登録された。