• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ギリシャ神話で、イタカ島の王オデュッセウスの妻。トロイア戦争に出征したまま音信の絶えた夫を、貞淑に20年待ち続けて再会した。この間、再婚を迫る多くの男たちに対して、夫の父の棺衣を織り上げてからと称し、昼間織った分を夜ほどいて、時をかせいだ。