• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ヘッセの小説。1904年刊。アルプスの山に生まれた子ペーターが都会の大学へ進み、恋愛や仕事、友人の死など、さまざまな経験をしたのち、再び故郷に戻るまでを描く。「郷愁」「青春彷徨 (ほうこう) 」の邦題もある。