• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

シリア西部の都市。ダマスカスの北約135キロメートル、オロンテス川沿いに位置する。同国第3の規模をもつ。周辺は豊かな農業地帯であり、石油精製、化学工業も盛ん。古くから交通の要地として知られ、古代ローマ時代はエメサと呼ばれた。正統カリフ時代の武将が眠るハーリド‐イブン‐アル‐ワリードモスクのほか、近郊には十字軍の拠点だったクラックデシュバリエがある。ヒムシュ。ヒムス。アル‐ホムス。

リビア北西部の港湾都市。首都トリポリの東約120キロメートル、地中海沿岸に位置する海岸保養地。柑橘類・オリーブ・ナツメヤシなどの農産物の集散地でもある。東郊に、世界遺産(文化遺産)に登録された古代ローマ時代の都市遺跡レプティスマグナがある。アルホムス。フムス。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉