生体内の内分泌腺で生成され、血液中に分泌されて運ばれ、特定の器官にのみ作用する微量の化学物質。成分はたんぱく質ポリペプチドフェノール誘導体・ステロイドなど。

食用にする牛や豚などの内臓。焼いたり鍋料理にしたりする。

[補説]名は、かつては捨てていた部位であることから「放 (ほう) るもん(捨てるもの)」に由来するともされる。

出典:gooニュース

出典:青空文庫