イタリア北東部、トレンティーノアルトアディジェ自治州の都市。南チロル地方の中心都市。ドロミティ山地の西側、アディジェ渓谷に位置し、イザルコ川とその支流タルベラ川の合流点に近い。オーストリア、スイスを結ぶ交通の要地であり、中世には市が開かれ商業の拠点として栄えた。第一次大戦後よりイタリア領。ドイツ語名ボーツェン。