• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ベルギー西部、エノー州の都市シャルルロアの南郊にある鉱山跡。19世紀から石炭の採掘がはじまり、19世紀後半から20世紀前半の設備が多く残る。1956年に大規模な鉱山事故が起こり、262名もの死者が出た。2012年に「ワロン地方の主要な鉱山遺跡群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。