• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ベルギー西部、エノー州の都市ラ‐ルビエールの西郊にある鉱山跡。ヨーロッパ最古の炭鉱として知られ、1970年代まで操業が続いた。各種プラント設備のほか、労働者のための住宅や病院の遺構がある。2012年に「ワロン地方の主要な鉱山遺跡群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。