• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

細い円管を流れる流体の量に関する法則。単位時間当たりに流れる流体の体積は、管の半径の4乗および間の両端の圧力差に比例し、管の長さおよび流体の粘性に反比例するというもの。19世紀にドイツのG=ハーゲン、フランスのJ=ポアズイユにより別々に見出された。ハーゲン‐ポアズイユの法則。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉