• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《灰色の土の意》冷帯針葉樹林下に発達する土壌。表層は酸性腐植の浸潤により塩基・鉄・アルミニウムを失って灰白色の漂白層となり、下層はこれらの物質が沈殿して褐色の緻密 (ちみつ) な集積層となる。シベリアアラスカなどに分布し、日本でも北海道にみられる。灰白土。