窒素原子を1個含む五員環の環式化合物が、さらに4個環状に結合した構造を骨格とする化合物の総称。配位子として錯体を作り、中心原子が鉄のヘモグロビン、コバルトシアノコバラミンマグネシウムクロロフィルなど、動植物の生理に重要なものが多い。