• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

スリランカ中部の古都。11世紀から13世紀にかけてシンハラ王朝の都が置かれ、12世紀後半のパラクラマブフ1世の時代に盛期を迎え、灌漑 (かんがい) 用の貯水池パラクラマサムドラが造られた。旧市街には城壁に囲まれたクワドラングルとよばれる遺跡群があり、仏堂、仏塔、王宮などが残っている。1982年に「古都ポロンナルワ」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

[地理/外国地名/東南・南アジア]カテゴリの言葉