• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

南アフリカ共和国南部、東ケープ州の港湾都市。インド洋のアルゴア湾に面する。1820年、英国人が入植。名称はケープ植民地総督代理ドンキンの亡くなった妻の名に由来し、彼女を偲 (しの) んで建てられたピラミッド状の石碑がある。市庁舎、図書館、郵便局などの歴史的建造物も多い。同国を代表する工業地帯の一つ。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉