• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Lago Poopó》ボリビア西部にある湖。オルーロの南郊、標高約3700メートルに位置する。チチカカ湖から流れるデサグアデーロ川が流入しており、塩分濃度が高い。湖水面積は季節により大きく変動し、干上がることもある。南東のウルウル湖とともにラムサール条約に登録されている。ポオポ湖。