ヨーロッパ東部の国。正称、ポーランド共和国。首都ワルシャワ。国土の大部分は平野で、鉱物資源も多く、農業・鉱工業が主産業。10世紀に国家が成立し、14~15世紀には大王国を形成。その後衰え、18世紀末に3回にわたりプロイセン・オーストリア・ロシアに領土を分割された。のち1918年独立。第二次大戦中はドイツ・ソ連に分割占領されたが独立を回復し、1952年に人民共和国、1989年には共和国となった。現在は住民の多くが西スラブ系ポーランド人でカトリック教徒。人口3846万(2010)。ポルスカ。

[補説]「波蘭」とも書く。

出典:青空文庫