• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

樹木の種子や実の結実状況が広範囲にわたって同調し、数年おきに豊作となること。また、そのような年。捕食者が食べきれないほど豊作にすることで、種子の生存率を高めたり、あるいは受粉効率を高めたりする効果があるとされる。生 (な) り年 (どし) 。