• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古代インドの大叙事詩。18編、10万頌。口伝であったバラタ族の二王族間の戦いの物語が、4世紀ごろにまとめられたものという。神話・伝説・宗教・哲学・法律・道徳などに関する多数の挿話を収める。

[補説]「摩訶婆羅多」とも書く。