• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

イスラエル南部、ネゲブ砂漠にある都市遺跡。紀元前1世紀にナバテア人が建設し、乳香没薬 (もつやく) などの交易によって栄えた。宮殿、貯水池、市場などの遺構のほか、床面のモザイクが残る東ローマ帝国時代の教会などが見られ、現在は国立公園に指定されている。また、ネゲブの都市遺跡ハルザシブタアブダットに加え、六つの城塞および隊商宿などが、2005年に「ネゲブ砂漠の香の道と都市群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。マムシット。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉