• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

le Margat》シリア西部の港湾都市バニヤースの南郊にある十字軍時代の城。元はアラブ人領主の城だったが、東ローマ帝国の手に渡り、12世紀末より聖ヨハネ騎士団が要塞化して重要拠点の一つになった。アイユーブ朝の始祖サラディンによる包囲戦にも耐えたが、13世紀末、マムルーク朝によって陥落された。マルカブ城。

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉