• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

米国の火星探査計画での利用が予定されている無人探査車(ローバー)。2020年に打ち上げ予定。2011年に打ち上げられたキュリオシティーの後継として、その設計の多くを流用。自動運転機能を強化し、ステレオカメラロボットアームのほか、火星の大気から酸素を抽出生成する装置を搭載する。