• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

米国の火星探査機。1996年に打ち上げられ、翌1997年に火星表面への軟着陸に成功。毎秒1センチメートルで自動走行するローバーとよばれる無人探査車を地球から遠隔操作し、岩石などの組成調査などを行った。かつて火星に水が存在したと思われる証拠が見つかったほか、着陸の際に探査機を包み込むエアバッグを使用し、十数回のバウンドを繰り返して着陸に至ったことで知られる。