• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Mátyás templom》ハンガリーの首都ブダペストにある教会。正式名称は聖母マリア聖堂。ブダ城がある丘の上に位置する。13世紀半ば、ハンガリー王ベーラ4世により城とともに建造。15世紀にマーチャーシュ1世がゴシック様式に改築して鐘楼が加わり、のちに王の名を冠した現名称で呼ばれるようになった。16世紀のオスマン帝国時代にモスクとして使われたが、17世紀のハプスブルク家支配の下、再びカトリック教会になった。1987年、「ブダペスト、ドナウ河岸とブダ城地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録、2002年に「ドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペスト」として拡張登録された。マーチャーシュ聖堂。