筋肉の筋原線維を構成する主要たんぱく質の一つで分子モーターの一種。分子が糸状につながった形(ミオシンフィラメント)で存在。分子の一部が酵素として働いてATP(アデノシン三燐酸 (りんさん) )を分解し、そのときに得られるエネルギーでアクチンフィラメントと互いに滑り込んで重なり、筋収縮を生じさせる。また、筋肉以外の細胞にも存在し、細胞分裂などに重要な役割を果たしている。