MikonosΜκονος》ギリシャ南東部、エーゲ海に浮かぶ島。キクラデス諸島の北東部に位置する。主な町は同島西岸の港町ミコノス。ワイン、チーズ、蜂蜜の生産が盛ん。古代にはアテネ同盟に属した。ベネチア共和国、オスマン帝国の支配の後、1822年よりギリシャ領となった。白壁の家や教会、粉ひき風車などで知られ、同国屈指の国際的な観光地として有名。