• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ロシア連邦西部、タムボフ州の都市。レスノイボロネジ川沿いに位置する。旧称コズロフ。1932年に果樹園芸家ミチューリンにちなんで現名称に改称された。17世紀にタタールの侵入を防ぐために築かれた要塞に起源する。黒土地帯にあり食品工業が盛ん。ネオビザンチン様式のボゴリューブスキー聖堂をはじめ、18世紀から19世紀にかけて建てられた歴史的建造物が残っている。ミチュリンスク。

[地理/外国地名/東ヨーロッパ]カテゴリの言葉