ドイツ西部、ノルトライン‐ウェストファーレン州の都市。9世紀初頭、フランク王国カール大帝により司教座が置かれ、13世紀にはハンザ同盟に加盟し発展。三十年戦争の講和条約であるウエストファリア条約の締結地。ウェストファーレン‐ウィルヘルム大学があり、大学都市でもある。ザンクトパウルス大聖堂をはじめ歴史的建造物が多い。10年に一度、ミュンスター彫刻プロジェクトが開催されることでも知られる。