• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ドイツ中部、ニーダーザクセン州の都市。正式名称はハノーバーシュ‐ミュンデン。ハンミュンデンとも略称される。ウェラ川とフルダ川が合流しウェーザー川になる地点に位置し、中世より河川交通の要衝として発展。旧市街にはルネサンス様式の市庁舎、聖ブラジウス教会、赤煉瓦 (れんが) 屋根の木組み造りの民家など、歴史的建造物が数多く残っている。18世紀に実在した「鉄ひげ」と呼ばれる医者にまつわる野外劇が毎年催される。メルヘン街道沿いの都市の一。