ドイツ西部、ノルトライン‐ウェストファーレン州の都市。正式名称はミュールハイム‐アン‐デア‐ルール。デュースブルクエッセンの中間に位置し、ライン川の支流ルール川に沿う。ルール地方の工業都市の一つで、19世紀に石炭の採掘により発展。第二次大戦で大きな被害を受けた。市街南部には森林や農地が広がる。